保育士になるために役立つ情報を集めました。

午後からの業務

昼食の片付けから午後の業務は始まります。しかし、幼い子どもを相手にしている仕事のため、なかなか思い通りに仕事が進むことの方が少ないです。普段ならば数分で済むような仕事であってもトラブルが続いて数十分かかるということもあるため、他の保育士との連携をスムーズにしておく必要があります。

片付けが終わればお昼寝になります。子どもを上手く寝かしつければ、溜まってるそのほかの業務を片付けることができます。そのため、この時間帯を上手く使えるかどうかが重要だという声も少なくありません。しかし、ここでも数十人の子どものコントロールをする必要があるため、そう簡単に他の仕事をさせてもらえないということもあります。ここは保育士にとっても休む時間になるため、注意が必要です。

お昼寝が終わればおやつタイムですが、お漏らしをしてしまった子どもがいればその処理を行います。また、寝起きが悪い子がいるときにはその対応もするため、なかなかおやつの時間に移れないということも珍しくありません。おやつの時間が終われば見送りとなります。そのあとは溜まっている業務を片付けて一日が終了です。このように、非常にタイトなスケジュールとなっています。