保育士になるために役立つ情報を集めました。

やりがいについて

保育士として働いているうえでやりがいを感じることといえば、やはり子どもの成長を目の辺りに出来るということが真っ先に挙げられることでしょう。我が子の成長を見届けるかのごとく、毎日色々な変化をその子どもを通じて発見することが出来ます。また、子どもの個性というのも千差万別、十人十色です。そのため、毎日飽きることなく日々を過ごすことが出来ることでしょう。

さらに、保護者からの感謝の言葉もやりがいに繋がります。保護者が昼間安心して仕事などをこなすことが出来るのは保育士の存在があるからです。そのため、多くの保護者が保育士に感謝をしています。そのため、信頼関係を築くことが出来れば、保護者も保育園の味方になってくれるため、働きやすさにも関係してくることでしょう。

しかし、注意しなければいけないのが労働環境です。保育園というのはその性質上善意の上で運営がされてしまいがちです。そのため、サービス残業や休日出勤が横行してプライベートの時間をキープできない可能性があります。しかし、現在では人材不足が問題となっているため、様々な面で環境も改善されている傾向にあるようです。特に、パートタイマーで働くなどの雇用形態の変化にも注目が集まっています。